愛人に未来はない

愛人というとマイナスな印象が考えられます。
基本的に好きな人のNO1になれない、むなしい存在のように感じます。
けれども近頃は結婚はしたくないけれどお付き合いはしたいと思う、好きな人に世帯があって自身が二番手だとしても構わない、といった女性も増加しています。
愛人という形での存在の方が気楽で、相手とある程度の距離感もとれて自身も自由に出来てしまう、といったスタンスが女性たちにも受け入れられていらっしゃるように感じます。
そうだとしても、そのような方たちはきっちりと人を好きになったということがないのではないでしょうか。
ちゃんと好きになった人だとするなら、自身が二番手といったことを我慢することができないし、相手に家族があったとしても構わない、といった発想にはなりません。
メンタル的な安らぎとか癒しというものを目的とするお付き合いではなく、肉体的関係を絶対視した存在のように考えられます。
そして愛人の中であってもパパといった存在は一般的な愛人とはまったくもって別物に違いありません。
パパといった存在は女性と男性が対等の付き合いではなく、女性が男性に奉仕しなければいけないことによって、金銭的な面でフォローしてもらうといったある種の援助交際に近いものを想定されます。
当然援助交際とは違ってますが、意味合だけ見ると男女のお付き合いとはいえないように感じます。
愛人のままでいい、といった女性も中には存在していますが、基本的に愛人といった存在は未来がないし望みも存在しません。
女性は子供を産むことを願うなら年齢制限も考えられます。
そんなわけで将来子供を産みたいと希望している女性だとするなら、愛人の関係は整理してしっかりと向き合って恋愛行うべきではないでしょうか。